平成30年度播磨町「まち歩き講演会」開催

平成30年7月22日(日)に播磨町「まち歩き講演会」を播磨町立中央公民館2階「第2研修室」で開催しました。
兵庫県ヘリテージマネージャーの吉川 悟氏・小林 誠司氏・清水 克俊氏の皆様から講演していただきました。
 講演テーマは、吉川 悟氏が「まち歩きの楽しみ方」、小林 誠司氏が「古田・大中・野添城について」、そして最後は清水 克俊氏の「まち歩きの意義」で、まち歩きに関する興味あるテーマでした。
講演にはパワーポイントを使用して、スクリーンに映された画像を見ながらの講演会でしたので、ご参加の皆様には良くご理解いただけたのではないかと思っております。
参加者は播磨町役場職員の方をはじめ播磨町住民の皆様と一般参加の皆様及び国立明石工業高等専門学校の学生の方と兵庫県ヘリテージマネージャーの皆様や主催したヘリテージ加古のメンバーで、総勢29名でした。

3件の講演が終了後、参加者の皆様と質疑応答や意見交換を行い、一層ご理解を深めて戴きました。
ご参加していただきました播磨町住民の方々から「播磨町の歴史を知ることが出来て良かった」とか「自分達の街をまち歩きして新たな発見をしたい」や「9月16日開催のまち歩きに参加したい」とのお話がありました。
 また、「スライド画面が小さいのでわかりにくかった」とか「スライドの要約資料が欲しかった」や「マイクを使用して欲しかった」とのご要望があり、今後の開催に参考にして対応していきたいと思っております。

最後に、主催した実行委員会から「平成30年度『播磨町まち歩き(古田・大中・野添城界隈)』を平成30年9月16日(日)9時~15時で開催致します」との情報提供をすると共に、「是非、皆様のご参加をお願い致します」との要望を申し上げ、散会しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です